iPhoneXアプリは2つの開発手段が用意されています。

1つ目はアップル純正の開発環境を使うこと、2つ目はAndroidなどの他のスマートフォンと共通開発環境を使うことです。

アップル純正の開発環境はXcodeを利用します。

XcodeはObjective-cまたはSwiftと呼ばれる新しい言語を利用して開発します。

これらは他のスマートフォンの開発には利用できないので開発者としては他の機種への移植も踏まえて考えると敷居の高い開発環境ですが、アップル純正なのでiPhoneXの機能を全部使える利点もあります。



2つ目の開発環境はUnityやPhonegapなどObjective-cやSwiftを使わずにJavascriptやCシャープといった言語を使って開発します。

言語はアップル純正開発環境とは異なりますが、あまりコードを変更せずにiPhoneXとAndroidにアプリを公開できるので開発者にとってとも魅力的な開発環境です。

ただし、できたアプリのサイズが大きくなってしまったり、アップル純正開発位環境でのビルドしたアプリよりも動作が遅いといったことがあると言われています。



ただし、昨今のスマートフォン向けのアプリの共通化を考えると多少の動作速度は犠牲にしてもよいと考える事が多いようです。iPhoneX向けのアプリではiPhoneXに特化した機能を極力使わずにAndroidへの移植がスムーズに行える体制優先することが多いとも言われていますiPhoneXのアプリは主にXcodeと呼ばれるアップル純正開発環境を使って行われるのが通例でした。


しかし、スマートフォンアプリの移植を考えるとXcodeでの開発はデメリットも増えてきます。



特にAndroidへの移植では言語の違いも大きいことから開発者を悩ませています。


そこで最近注目されているのがiPhoneXアプリとAndroidアプリの共通開発基盤です。

同じ言語で開発し、iPhoneXのアプリビルドの際にXcodeを使うという方法です。

共通開発基盤はいくつかありますが中で注目されているのがPhonegapです。

PhonegapはCordovaとも言われ、HTML5とJavascriptで開発します。

これらの言語はホームページデザイナーにも受け入れやすい言語であり、広く利用が進んでいます。

Phonegapの利点はデザイナーが親しみやすいJavascirptを採用することでアプリ開発者をたくさん用意できること、また、デザイン手法がそのまま使えるので、デザインの工期が一気に短くなるという利点もあります。デメリットとしては動作が若干ゆっくりなのでアクションゲームなどの作成には向かないことです。


iPhoneX向けアプリはすぐにAndroidに移植されることが多いです。

開発者サイドからすれば共通言語での開発ができ、これまでよりさらに短い工期で対応できるのが最大の利点ともいえます。
今後は速度面でさらなる改善が行われていくと考えてられています。